CLASS
職長+安全衛生責任者教育

講義内容

労働安全衛生教育は「事業主様」に課せられた法定義務となっております。
必ず事業者の責任において監督者の管理の下、教育を実施してください。
厚生労働省は「職長教育」と「安全衛生責任者教育」を統合した「職長・安全衛生責任者教育」の実施を推進しています。

「職長+安全衛生責任者教育」の概要

職長教育とは、安全衛生法第60条によって、事業場で新たに職長に就くことになった人に対して実施が義務付けられている教育です。
建設業をはじめ一部の製造業、電気/ガス/自動車整備/機械修理業に従事される方で、職長(管理監督者)や作業を直接指揮監督する立場に就く方を対象とした安全衛生のための教育のことです。

※令和5年4月1日から職長教育が必要となる業種に、「食料品製造業(うまみ調味料製造業及び動植物油脂製造業を除く。)」、「新聞業、出版業、製本業及び印刷物加工業」が追加となります。
※「うまみ調味料製造業及び動植物油脂製造業」については、以前より職長教育の対象となっております。

安全衛生責任者
安全衛生責任者は、特定元方事業者が統括安全衛生責任者を選任しなければならない場合において、仕事を自ら行う関係請負人が各々選任する必要があります。

ZOOM討議について

ZOOM討議とは、全てのカリキュラムを受講後にパソコン・スマートフォン等を用いて、複数人で同時参加型WEB討議のことです(1時間※予約制)。アプリは無料でダウンロードできます。
※職長教育のZOOM討議は必須カリキュラムとなります。

当センターでは、全ての講義を視聴・テストと課題を実施、必要書類を提出後にZOOM討議の予約をお取り頂きます。Zoom討議開催日時は週2日(各2部制)程度予定しております。Zoom討議参加予約につきましては必要書類提出後にご予約のご案内をメールにてご連絡いたします。

ZOOM討議に参加されない場合は、教育修了証の発行は致しかねます。
※zoom討議の参加にはwebカメラが必要です。(携帯からの参加では携帯カメラ使用可能です)

zoom討議(1時間)日程(日程は随時当ページにてお知らせいたします)

★2024年2月zoom講義日程
2/26月①(13:30~14:30)〇  ②(15:30~16:30)〇 
2/29木①(15:30~16:30)〇  ②(17:30~18:30)〇 
★2024年3月zoom講義日程
3/4月①(13:30~14:30)〇  ②(15:30~16:30)〇
3/7木①(15:30~16:30)〇  ②(17:30~18:30)〇
3/11月①(13:30~14:30)〇  ②(15:30~16:30)〇
3/14木①(15:30~16:30)〇  ②(17:30~18:30)〇
3/18月①(13:30~14:30)〇  ②(15:30~16:30)〇
3/19火①(15:30~16:30)〇  ②(17:30~18:30)〇
3/25月①(13:30~14:30)〇  ②(15:30~16:30)〇
3/28木①(15:30~16:30)〇  ②(17:30~18:30)〇                              

※〇:空席あり ×:満席(予約不可)
※zoom討議日程につきましては予約の際に第1希望~第3希望までお伺いいたします。参加人数の調整等で予約日程を決めさせていただきますのでご了承ください。
※zoom討議のご予約は動画受講完了し必要書類をご提出後から可能となります。書類提出未完でのご予約は不可となりますのでご了承のほどよろしくお願いいたします。
※複数名にてお申込みの場合は全員分のご予約をお申込みのち予約確定とさせていただきます。また空席状況によっては人数を分けて予約確定させていただく場合がございますのでご了承ください。

受講資格について

受講資格:満18歳以上の者
講義時間:14時間(ZOOM講義含む)
講座形態:インターネット(e-ラーニング方式) によるWEB講座
提供内容:映像講義の視聴・テキスト及び資料ダウンロード・教育修了証・受講証明書
受講期限:講座配信日から90日間
講座価格:12,100円 (税込)※1名につき

講師紹介

講師:南堀 勉(なんぼり つとむ)
行政技術士・監督・管理者を38年間勤め
その後、中小企業の労働安全教育者として従事し、現在は労働安全衛生教育センター専任講師。
≪保有資格≫
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育インストラクター
RST(職長・安全衛生責任者養成教育)トレーナー
足場の組立て等業務特別教育インストラクター
1級土木施工管理技士
測量士

教育カリキュラム
序章  オリエンテーション(職長・安全衛生責任者の役割)
第1章 労働者に対する指導又は監督の方法に関すること
第2章 危険性又は有害性等の調査とその結果に基づき講ずる措置
第3章 設備、作業等の具体的な改善の方法
第4章 異常時、災害発生時における措置労働災害について
第5章 労働災害についての関心の保持と創意工夫を引き出す方法
第6章 安全衛生責任者の職務等
Zoom講義 講師及び他受講者とのディスカッション